札幌三角山登山2021年1回目 今年はマスク着用率高かった

スポンサーリンク

長沼の山に熊が出ていたらしい

日曜日に娘と登山に行くことになりました。

長沼の馬追山行こうぜーと言っていたら、嫁が「長沼って熊出てなかったっけ?」とか言い出したので調べてみると馬追山周辺にヒグマが出没していてつい先日まで登山道が立ち入り禁止になってました。

先週ひとりでのんきに長沼の長官山に登ってきたのですが、その頃すぐ横の馬追山(靜台)にヒグマが出没していたのですね。。

恐ろしい。

 

札幌三角山登山2021年1回目

ということでちょっと遠いですが札幌の三角山まで行ってきました。

日曜日だから絶対混んでるよなと思いながら昼の12時過ぎ位に到着すると、駐車場の空きは2台分しかありませんでした。

 

私も娘も何度か登っている山なので、途中休憩を取りながら順調に登っていきます。

 

ここまで来たらあと少しで頂上です。

ってかなんか視線を感じるなと思ったら、

 

犯人はこいつか!

登山者が休憩するような場所には必ずカラスがいて、食べ物等を狙っているようなので要注意です。

 

無事登頂!

山頂ではホットサンドを焼きたいんだけど強風でガスの火が消えてしまって四苦八苦している若者を横目にいつものプロテインバーを娘と分けながら食べました。

 

帰りは往きと別ルートの、小別沢方面にちょっと行ってから哲学の道というのを通るコースで帰ります。

 

いきなり結構エグい下りです。

これ逆に登るとなったらデブにはキツいなー。

 

下から見るとこんな感じ。

 

急に岩がゴロゴロした場所が出てきて、川なの?沢なの?めっちゃ水流れてそうな雰囲気!

と思いながら近付いてみるも、水は少しもありませんでした。

 

地面がめっちゃ綿。

この綿は何だと娘に聞かれて、たんぽぽの綿毛のように種を風に乗せて遠くまで飛ばすための綿だと回答。

全然飛んでないじゃん。全部地面に落ちてるし。と言われ、たしかにー。となる。

これも風が強くなったらいずれは飛ぶんだろうか。

 

哲学の道。

どこら辺がどう哲学なのか全くわからないまま通過しました。

 

今年はマスク着用率高かった

去年は登山中にマスクを着用してる人は1割もいなかったと思いますが、今年はマスクの供給も十分で、呼吸の楽なスポーツ用のマスクなんかも豊富に売られているせいか着用率がめっちゃ上がりました。

9割以上の人がマスクやフェイスガード等を着用していたと思います。

マスクしてなかった人も何人かいましたが非常に気まずそうにしていたので、なるべく用意してった方がいいと思います。

 

現在の体重 98.50キロ(前回比-0.35)

コメント

タイトルとURLをコピーしました